都市を『創造』する、不動産開発の株式会社アーバネットコーポレーション

企業情報

社長挨拶                         2019年3月

上半期を振り返ってみますと、首都圏における分譲用ファミリーマンションは価格の高止まりと供給戸数調整もあり、新規発売数は年末にかけて大きく減少し、その平均契約数は好不調分岐点である70%を大きく下回りました。
一方、当社の中核事業である首都圏における投資用ワンルームマンションは、販売価格の上昇による利回り低下の現状においても、低金利政策の継続や他に優良利回商品がないことから、販売は堅調に推移しており、相続税対策物件を求める富裕層による購入意欲も盛んな状況です。
開発環境としては、開発用地における既存建物解体工事や職人不足の恒久化により工期長期化傾向が続き、建築コストは高止まりとなっています。

このような事業環境のもと、当社グループの上期業績は売上高114億円・営業利益14億円・経常利益13億円、親会社株主に帰属する四半期純利益9億円となり、前年同期比増収増益となったことに加え、年間予算を売上高・利益ともに60%を超える進捗となりました。
また、来期の売上計上物件の仕入は既に完了し、今期以上の販売戸数を予定していることに加え、再来期の売上計上物件の開発用地仕入も堅調であります。

今後の取り組みとして、従来からの専有卸先である投資用マンション販売会社だけでなく、富裕層や不動産ファンドなど、多方面への販売比率を増加させるとともに、ホテルや独自性のあるターゲットを絞ったマンションの開発を行い、事業の拡大に努めてまいります。
株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

アーバネットコーポレーションが目指すもの

企業理念

アーバネットコーポレーションは人々の安全で快適な「くらし」の提案を行い、豊かで健全な社会の実現を目指します。

経営指針
顧客志向 顧客満足度を高めることを第一に考え、株主と従業員の幸せを追求します。
独創志向 「くらし」の提案を通して、社会が必要とする技術革新と自社だけの特色を創造し強化します。
共生志向 企業と企業、人と人とのネットワークを大切にし、互いに成長し共生することを経営の目的とします。
URBANET BASIC MISSION
BRIDGE
私たちは企業と企業、人と人、情報と情報、そして現在と未来の架け橋になります。
ACTION
私たちは失敗を恐れず成功する姿をイメージして積極的に行動します。
SKILL
私たちは正確さとスピードをもって仕事に当たり、常に最良の結果を出せるように自分自身を磨きます。
IDEAL
私たちは斬新な発想をもって美的で洗練された「理想の住まい」を全力で追求します。
COMMUNICATION
私たちは誠実かつ謙虚な気持ちで相手に接し、十分な意思疎通をはかり、確固たる信頼関係を築きます。

ページトップへ