企業情報

社長挨拶                         2017年3月

 第20期上半期(2016年7月1日~2016年12月31日)における世界経済は、中国経済の減速や新興国の経済成長の鈍化の一方で、1年ぶりにFRBが利上げを行うなど米国経済は堅調に推移いたしましたが、英国のEU離脱決定や、トランプ氏の大統領選勝利により、米国のポピュリズムとも見えるような状況が表面化しつつあり、今後の世界経済に少なからず影響があるものと思われます。
  我が国経済は、経済対策や金融緩和策等を背景に緩やかな回復基調で推移いたしました。加えて、米国大統領選後の経済政策への期待から、円安ドル高が進み、これに伴って株価が上昇するなど、景気の先行きへの期待感は高まっておりますが、個人消費は依然力強さを欠いており、先行き不透明な状況は続いているものと思われます。
 不動産業界においては、不動産価格の高騰が続く中で、金融機関の慎重な融資姿勢を示す状況が見受けられるようになりましたが、こうした環境の下でも、東京圏における土地価格は上昇を続けております。増加を続ける訪日外国人をターゲットとしたホテル業界の参入も依然として続いていることから、都心の土地価格は当面上昇し続けるものと思われます。
 一方、東京圏における分譲マンション業界では、インバウンド効果が影をひそめ、高額物件の販売にも陰りが出てきたほか、販売戸数が減少する一方で契約率が70%を下回るなど収益環境は悪化の傾向を示してきております。
 当社グループの基軸事業である投資用ワンルームマンションの販売は、若年層の年金不安による購入や、超低金利政策による下支えと相続税節税対策としての投資用不動産購入を軸に堅調に推移してまいりました。東京への人口流入は依然として続いており、物件の供給不足もあって販売価格は高値で推移しておりますが、賃料の上昇は大きくなく、運用利回りの低下は否めないものと思われます。

  このような事業環境におきまして、当社グループは、第20期上半期につきましては、前期からの継続物件1棟を含む自社開発物件の投資用ワンルームマンション6棟285戸(前期からの繰越1棟14戸並びに店舗1戸を含む)を売上計上いたしました。このうち4棟が国内並びに海外法人等への一括販売となりました。このほか、用地転売1物件及び買取再販物件3戸を売上計上いたしました。
 この結果、第20期上半期における当社グループの業績は、売上高10,690百万円(前年同期比36.0%増)、営業利益1,761百万円(前年同期比92.6%増)、経常利益1,632百万円(前年同期比120.8%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益1,117百万円(前年同期比129.9%増)となりました。

 当社グループの第20期(2016年7月1日~2017年6月30日)の連結業績予想は、売上高18,000百万円(前期比1.7%増)、営業利益2,300百万円(前期比14.7%増)、経常利益1,900百万円(前期比10.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益1,270百万円(前期比11.5%増)となる見通しであります。
 当社グループは、東京23区・駅徒歩10分以内に特化した投資用ワンルームマンションの一棟販売を中心に事業を展開しておりますが、2017年1月に自社開発としては2棟目の収益物件である「アジールコート北品川」を取得するなど、賃貸事業の拡大も進めております。また、ファミリーマンションである「アジールコフレ中野坂上」の分譲を開始しております。

 当社グループは、将来のリスクへの対応も念頭に様々な施策を実施し、企業業績を高めることによる企業価値の向上と株主の皆様への利益還元のために、全社員一丸となって全力で努力してまいります。

 株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 代表取締役社長 服部 信治

アーバネットコーポレーションが目指すもの

企業理念

アーバネットコーポレーションは人々の安全で快適な「くらし」の提案を行い、豊かで健全な社会の実現を目指します。

経営指針
顧客志向 顧客満足度を高めることを第一に考え、株主と従業員の幸せを追求します。
独創志向 「くらし」の提案を通して、社会が必要とする技術革新と自社だけの特色を創造し強化します。
共生志向 企業と企業、人と人とのネットワークを大切にし、互いに成長し共生することを経営の目的とします。
URBANET BASIC MISSION
BRIDGE
私たちは企業と企業、人と人、情報と情報、そして現在と未来の架け橋になります。
ACTION
私たちは失敗を恐れず成功する姿をイメージして積極的に行動します。
SKILL
私たちは正確さとスピードをもって仕事に当たり、常に最良の結果を出せるように自分自身を磨きます。
IDEAL
私たちは斬新な発想をもって美的で洗練された「理想の住まい」を全力で追求します。
COMMUNICATION
私たちは誠実かつ謙虚な気持ちで相手に接し、十分な意思疎通をはかり、確固たる信頼関係を築きます。

ページトップへ