審査員紹介

■ 酒井 忠康 / 世田谷美術館館長・美術評論家
<コメント>
彫刻芸術の新しい可能性に挑戦し、生活空間に快いフォルムを与える作品を期待しています。
<プロフィール>
1941年、北海道生まれ。64年、慶應義塾大学文学部美学美術史科卒業。同年、神奈川県立近代美術館に勤務。92年、同館館長。2004年、世田谷美術館館長に就任し現在に至る。その間、国内外の数多くの展覧会企画・運営に携わる。国際美術評論家連盟会員、全国美術館会議理事、美術館連絡協議会理事長などを務める。1986年、88年ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、89、91年サンパウロ・ビエンナーレ日本展示キュレーターなどを務める。
専門は近・現代美術。著書『遠い太鼓』『魂の樹』『森の掟』『彫刻の庭』(以上、小沢書店)『彫刻家への手紙』(未知谷)『日本近代思想体系 美術』(共著、岩波書店)『岸田劉生随筆集』(編著、岩波文庫)ほか多数。79年、近代日本美術の黎明期を扱った『開化の浮世絵師 清親』(せりか書房)、『海の鎖』(小沢書店)などの著作で第1回サントリー学芸賞を受賞。
■ 小柳 敦子 / ギャラリー小柳ディレクター
<コメント>
その作品が置かれた場所の空気が一変するような、そんな存在感のある仕事に出会える事を期待しています。
そして、私も「それ」をどうしても欲しくなったりしたら、双方にとってチャンス到来です。
<プロフィール>
婦人画報社、小池一子主宰のキチン勤務 を経て、1983年、佐賀町エキジビットスペースの立ち上げ、企画・運営に携わる。1988年に杉本博司展、1991年に内藤礼展などを開催。1995年、銀座にギャラリー小柳を開廊。マルレーネ・デュマス、ソフィ・カル、オラファー・エリアソン、トーマス・ルフ、杉本博司、内藤礼、野口里佳、須田悦弘、中村哲也、鈴木理策、束 芋、鬼頭健吾、田幡浩一など国内外のアーティストを幅広く取り扱う。 近年は建築家・石上純也の作品制作やプロジェクトに携わるなど、現代 美術の枠に留まらない活動を展開している。ギャラリーの代表的作家である杉本博司は大規模個展「歴史の歴史」展を11月22日より金沢21世紀美術館、翌4月より大阪・国立国際美術館にて開催予定。
■ 鈴木 芳雄 / マガジンハウス ブルータス編集部副編集長
<コメント>
その彫刻作品を設置したことで、空間が〈より豊かに〉変わる、(住人の)毎日が〈より生き生きとしたものに〉変わる、(作者の)活動が〈より意欲的なものに〉変わる。今回、期待するのはそういうものです。公共のスペースでの設置ということで、安全面はじめ、考慮に入れるべきことも多いとは思いますが、それも楽しむくらいの余裕を。
先人の言葉をひとつ借りておきます。「妥協を強制されたことはないが、制約は喜んで受け入れてきた。」(チャールズ・イームズ)
<プロフィール>
1958年東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。アンアン、ポパイなどの編集部を経て、1999年よりブルータス編集部に在籍。2001年より現職。美術、建築、デザインをはじめ、本、映画、レストラン、ワインなどの特集を担当する。これまでの主な仕事として「奈良美智、村上隆は世界言語だ。」(2001年)、「杉本博司を知っていますか?」(2005年)、「若冲を見たか?」(2006年)、「[茂木健一郎特集]脳科学者ならこう言うね!」「西洋美術を100%楽しむ方法。」「国宝って何?」(以上2007年)などがある。東京藝術大学、慶應義塾大学などで講演。オープンミュージアムプロジェクト キュレーター。ブログ「フクヘン。」(http://fukuhen.lammfromm.jp/)は読者多数。毎日更新している。
■ 内田 真由美 / アート・コーディネーター
<コメント>
AACは、応募できる対象者が美術やデザインを学んでいる学生であり、最優秀作品はマンションの共有空間に常設展示されるという、ひじょうにユニークなコンペです。
マンションの住人の方々にとっては、自分の毎日の日常、生活空間の一部に作品が在り、そこを訪れる多くの方も作品を目にします。アートと空間と建築。美術館やギャラリーでの展示とは異なり、人々が暮らす建築空間の中に作品が設置され、息づくことになるのです。制約や条件を考慮にいれながら、自分の表現の可能性に挑んでください。新しい表現との出あいを楽しみにしています!!
<プロフィール>
三重県生まれ。三重大学教育学部美術科卒業。新聞社、出版社、ギャラリー勤務を経てフリーランス活動。「第1回横浜トリエンナーレ2001」をはじめ数多くの展覧会に携わった後、展覧会やプロジェクトを企画、コーディネート。企画、コーディネートした主な展覧会・プロジェクトに、2002年「第2回大地の芸術祭プレイベント<天空散華・妻有に乱舞するチューリップ~中川幸夫“花狂”>、2003年「中川幸夫 魂の花」、「ぴあ通巻1000号記念展 希望/HOPE」、2004年「草間彌生 クサマトリックス」、2006年「荒木経惟 東京人生」、2008年「AERA創刊20周年記念写真展 坂田栄一郎 LOVE CALL―時代の肖像―」など。7月18日よりスタートする展覧会「ネオテニー・ジャパン―高橋コレクション」(鹿児島県霧島アートの森など3館巡回)をキュレーション。新聞や雑誌にアートの記事を執筆。
 
■ 服部 信治 / 主催会社 代表取締役社長