第4回AAC学生彫刻コンペ 一次審査報告

第1次審査が終了いたしまたので結果をご報告いたします。入賞、入選は以下の通りです。
入賞  第一次審査通過
青柳 慎 / 京都造形芸術大学大学院  芸術表現学科(修士2年)
今井 紫緒/東京芸術大学大学院  彫刻専攻(修士2年)
本田 祐介/東北芸術工科大学 美術科 工芸 金属 (3年)
入選   一井 弘和/東京芸術大学大学院(修士1年)
大竹 志歩 / 日本大学 (4年)
越智 彩 / 多摩美術大学 (4年) *次点
東海林 宏司 / 日本大学大学院 (修士1年)
戸塚 鑑二 / 多摩美術大学大学院 (修士1年)
能島 研太 / 日本大学大学院 (修士1年)
山田 太介 / 多摩美術大学大学院 (修士1年)
樂 雅臣 / 東京造形大学 (3年)
審査は2段階の投票で青柳、今井、越知、戸塚、本田各氏の計5案に入賞候補を絞り込み、各案について議論を重ねたうえ、3回目の投票で入賞3案を選出いたしました。
なお、本コンペはマンションの共用空間に恒久的に展示する作品を決めるものであり、審査における評価軸は作品そのものの完成度や面白さだけではありません。実際に作品を設置する空間との相性はもちろん、入居者が手で触れても壊れないか、地震時に倒れたりしないかといった現実的な観点も含めた総合的な評価軸をもって審査しております。